看護師の仕事の基盤は安全に行動できるかという事が大事です

看護師になり病院で働く場合、患者さんの命を常に観察していることになります。そのため、患者さんの身の周りの看護を行っている時、常にその患者さんに変化がないか見ながら、実施することが大切です。
もしも、その患者さんが人工呼吸器を装着していたら、その機器の管理や、作動の状態等を看護師が行うこととなります。そしてその異常を発見するのも看護師となるのです。そのため、それらの患者さんに装着している機器に付いても理解しておく事が必要です。
また、患者さんの状態が急に変化した時も、看護師がまず発見することになります。その時、患者さんのそばを離れず、ほかの看護師に知らせます。ほかの看護師が応援に駆けつけてくれるまでは、その患者さんの命を守る事が大切なのです。そのため、緊急処置ができるように対処することになります。時には、医師が到着するまでに、心臓マッサージをしたり、その患者さんに必要な医療機器の準備をします。このように、常に患者さんに何かあるかも知れないと想定して、機器の準備が直ぐにできるように配置しておくことが大切なのです。そうすることによって、早く患者さんの回復させる事ができます。
このように看護師は、常に患者さんの周りで安全に行動できるかということが重要です。そしてそのためには、観察を十分に行ったり、患者さんの少しの変化も見逃さないように、洞察力を養うことも要求されます。
また、病院の中には危険がたくさんあると思って、そのことに付いても意識をして観察することです。例えば、廊下に水が落ちていたら、患者さんがその水のために滑ってしまうかも知れないので、早く拭き取るようにします。また、ハード面で壊れていたりする場合は、直ぐに対処することを行います。直ぐに実施しなかったら、今すぐにでも危険な事が怒るかも知れないからです。
それらのことを、いつも想定しながら、危険な内容について排除していく観察力を持って働く事が大切です。